読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクア初心者がレイコン出展を目指す

水草水槽を始めて1年数ヶ月が経ちました。あるお店との出会いからレイアウトコンテスト出展を決意することになり、立ち上げからレイコン出展までの経緯をまとめていきたい。そんなブログです。

レイコン水槽立ち上げ①

 

立ち上げ開始です!!

立ち上げると決めたら一気にやるのが真のアクアリストですよね(笑)
 
僕は石が並んだ水槽をしばらく眺める日々が続いていましたw
 
 
素晴らしいレイアウトの水槽がたくさんあります
 
 
石垣を作るために並べた山谷石、裏側にある程度の小石は入れましたが、まだまだ隙間だらけでソイルが漏れてきそう。
そこで用意したのがこちら。
f:id:aquadas:20160602122225j:image
 
ホーマックで1番安いのを買ってきました。
『GEX ロカマット』
250円くらい??
それを適当に小さくちぎって
f:id:aquadas:20160602122307j:image
 
裏側から隙間に埋めていきます
f:id:aquadas:20160602122346j:image
 
かなり格好悪い(笑)
表から見ても白いマットが見えちゃいましたが、いつかはきっと黒く汚れて見えなくなるんじゃないか、という期待…
 
そしてソイルを敷いていきます!
用意したのが、北海道ではBRIGHT GREEN
でしか売ってない?!
 
『ナンキスペシャルソイル』
f:id:aquadas:20160602122423j:image
 
9リットルで3240円。
たしか性能は吸着系で、ちょこっと養分も入ってるんだった気がします。
店長のオススメだから使わないワケがない!
 
薄くソイルを敷いた上に肥料を入れます。
 
f:id:aquadas:20160602122556j:image
『カミハタの肥料 スイレン用』
たしかチャームではスイレン用は売ってなかったはずです。
値段はたしか800円くらい。
5本を4等分にカットして入れます。
 
それにおまじないの
f:id:aquadas:20160602122613j:image
『イニシャルスティック』
規定量の2/3くらいを入れます。
こんな感じで満遍なく撒きました。
 
 
そしてソイルを敷きましたが、いずれエビやら何やらでばら撒かれそうな危ない場所がいっぱい出来上がりました…。
f:id:aquadas:20160602122740j:image
 
次にブランチウッドの配置です。
ブランチウッドにはモスを巻いて自然感を演出することに。
モスは窓辺に置いた虫かごで栽培してましたw
でも放置しすぎてこんな状態にw
f:id:aquadas:20160602122805j:image
苔だらけでヤバいかと思いましたが、水洗いで意外と綺麗になりました!
 
適当に細かく刻んで巻いていきます。
f:id:aquadas:20160602122819j:image
 
ADAのモスコットン??を使ってみかったのですが、家にあった1番細い釣り糸で巻きました。
 
そしてなんとなく配置。
f:id:aquadas:20160602122833j:image
なんか雰囲気出てる〜!
 
雰囲気を出すために化粧砂も敷いていきましょう!
使用したのはこちら
f:id:aquadas:20160602122900j:image
ADAの『ラプラタサンド』
アイランドやまがみで720円
 
ADAの動画を見るとそのまま水槽に入れていますが、ネット情報では白濁りがすごいということで、一度サッと水洗いします。
米とぎの要領ですねw
f:id:aquadas:20160602122916j:image
上澄みの濁りを捨て
 
f:id:aquadas:20160602122930j:image
お玉を使い…
ボトボト塊を落としていきます…
 
f:id:aquadas:20160602122950j:image
泥だんごの状態で敷くことができましたw
 
洗ったものを乾燥させてから使うのがベストだと思います。
次回からはそうしよう…OTL
 
 
長くなったので一旦カット!
「立ち上げ② 水草編 」へ続きます!
 
ポチっとしてくれると更新の励みになります!(^ー^)ノ